1K最前線

アイドル好きの疲れた40代。酒と京都と猫とだじゃれも好き。

【アイドル】終わりの始まり【渋谷すばる】

関ジャニにはまって早1年。

こんなにショッキングなNEWSがあったでしょう?

何つーか、ネットいじってたら速報流れて

あれよあれよと言う間に記者会見。

 

すばる先生の真剣な眼差しに目がいく。

その上で、気になるのは年齢を感じさせるクマ。

 

丸山君が伏し目がちにマイクを握る。

テーブルに置かれたカンペを読み上げていたと思い込みたい。

 

横山君がもうすでに涙をこぼしている。 

画面越しでも、横の気持ちを痛い位に感じる自分に酔う。

 

ご飯はUFOでも食べようかな?と呑気に考えていたら

普段の日曜のお昼前とは異なる重苦しい空気が漂い始めた。

 

すばる先生を知るきっかけをぼんやりと思い出してみた。

遡ること20うん年前、日曜お昼の光一くんの番組のワンコーナー。

チャンバラを習うみたいな企画だった。

横が「ジュース飲みたい〜!喉乾いた〜!」で駄々こねて

転がってるそばに村上くんといたな、位の記憶しかないけど。

※最終的には三人で渡米してエンターテイメントの本場で修行する。

みたいな企画だったけど、9・11の件でアメリカ行きが無くなった。

ってさっきwikiで知った。

 

数年経って、HEY!HEY!HEY!関ジャニとして登場。

「大阪にもジャニーズか。商魂たくましいな。」

横がホットブラザーズのノコギリ芸を披露してたの覚えてる。

 

更に10数年たって、映画でも観に行こうと上映中の映画を検索。

「味園(ビル)か。」題名だけで決めた、ユニバース。

ジャニーズなのに、こんな薄汚れた役どころでいいのだろうかと

少し心配になったけど赤犬も知ルコとも出来た有意義な映画だった。

 

2016年末、中川家関連の動画ををだらだら閲覧していたらジャニ勉に出会い

「NOROSHI」と遭遇。バンド演奏できるとここで初めて知った。

「お笑いも出来るし、平成のドリフターズやんけ!」

 

モノホンのセキジャニさんを観たくなり、冬ツアー真っ最中と聞いて

推奨されない手段でチケットを手に入れ颯爽と京セラに向かった。

コントあり、ダンスあり、バンドあり。なんでもありのアラカルト。 

後数年はライブ楽しみに生きて行けるとすら信じていた。

 

年齢を考えれば、転職するにはラストチャンスだもんな。

これからの日本の情勢も込みで考えるなら海外拠点で

挑戦してみる事についてはいいと思う。

 

他のメンバーには個人的には大阪を拠点にして欲しい。

線量のこともあるし。喉に良くないどころか身体に良くない。

 

もうちょっと、関ジャニとしてのすばる先生見たかったなー。

キレイな顔面、伸びやかな歌声、独特のギャグセンス、そして下ネタ。

昨年、こじらせた夏風邪と共に東京ドームにJAM見に行ったのが最後か。

アンニュイなため息と共にエール送らせてくれ!

あんた、いいアイドルだったよ。チクショー!