1K最前線

アイドル好きの疲れた40代。酒と京都と猫とだじゃれも好き。

【悲報】お父さんが半端なく生ごみ臭い。本人はそれを気にしてない。

従業員の推理によりこの猫はさつきのお父さんってことになっている。




フーテンの寅さんの如くふらっと来ては、おやつを集るか見境無くコナタ
にまで発情していたアホ親父であったが、去勢されてしまった事により
極端に攻撃力が弱くなってしまったのと冬の寒さからかなのか
なんとなく事務所に居ついて寝泊りするようになりました。

うれしい誤算はプライドを捨てたのか、しっぽぴん!でごはんをねだるように
なってくれました。
しかも、私と食べ物の好みが合う!
たまに刺身やら焼き魚などあげると「うみゃい」の声が聴けます。

し・か・し、ここで問題です。
お父さんが半端なく生ごみ臭い。
ごはんをちゃんとあげているのに生ごみを漁ってるっぽい。
知りたくなかったのに、夏と冬とじゃスメルが微妙に違うんだぜ!(泣
最初は麝香っぽい香りだったから野良猫はこんなもんかと思っていたけど
毛づくろいを覚えたさつきと比較すると天と地の差!デストロイヤー!!

なんで、わかったのか?クンカ、クンカ、したのか?と質問が着そうなので
回答を述べますと、クンカ、クンカしますた。
て言うか、ちょっとした事故が起こりました。
お父さんに100均で買って来た首輪を着けてみました。
着けた事を弊社従業員のCさんに伝え忘れた結果、外にいたお父さんを
さつきだと思い込んだCさんが事務所に連れて来たのです。
その場は生ごみのスメルで溢れかえり、従業員をパニックに陥らせました。
私が社会人として最も大切な「ほう・れん・そう」のほう(報告)を
欠いた為に悲惨な事故が起きました。
最もパニックに陥ったのは不慣れな場につれてこられたお父さんだったかも
しれません。(しっぽブワッてなって、ニャギャー!と騒いでいた。

お父さん臭いと念仏のように唱え続けていたところNさんがシート式の
ペットシャンプーをくれたので、お父さんを昼休みに拭いてみた。
(ものすごい嫌がられたけど。)
2日間連続で行ったところ、生ごみ臭いレベルから、しばらく洗ってない
フリースジャケットレベルに昇格しました。



よかった、よかったと思っていたのも束の間。
数日後にはまたもや生ごみスメルを身にまとい「朝ごはんまだ?」と
しっぽぴん!で擦り寄ってきた。
くぁwせdrftgyふじこlp!!!!!
くっさーーーーーー!!!!マジ殺意!!!!鼻もげるわーー!!
クソ親父!ご飯あげてるのに生ごみ漁ってこないで!!!!マジ勘弁!!

あぁ、野良猫の生活習慣はまだまだ抜けきれないようです。

にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村


お口直しにハイビスカスとさつき ※本人に許可を経て撮影しております。