1K最前線

アイドル好きの疲れた40代。酒と京都と猫とだじゃれも好き。

売れるBLと疑問と「恋する暴君」について

皆さん、現金ですかー?現金があれば何でも出来る!山盛です。
腐ざけてません。いつだって馬路100%。

売れる商品を作るには
「一にマーケティング
「二にブレスト」
「三にプランニング」
と言われております。(嘘です。基本は資金力ですね。)

売れるBLについて書きたかったんだった。
わたくし16年の時を経て腐女子に返り咲いたのですが
なんで売れるのかな?って考えてみました。
順番はあんまり関係ないです。

1)主人公かその相手が高学歴か頭良いかお金持ち。
2)主人公もサブキャラの設定がしっかりしている。
(細やかな家族背景など感情移入しやすい。)
3)食べ物が美味しそう&TPOの食事風景。
4)吉本新喜劇等の判りやすいボケ・ツッコミのコメディ要素アリ。
5)何気にドラマチックな演出。(家族が入院とか自宅が火事など。)
6)女子キャラもぬかりなく可愛いしお洒落。
7)カップルのギャップ萌え。
(ヘタレ攻め、受け顔なのに攻め等。)
8)漫画なのに現実世界とリンクしている。
(タスポとかスタバとか。)
…なのかしらと等と考えておりました。

今更疑問なんですが、受けの方が背が低い&女顔or目が大きい。
まぁ、BLは少女マンガなんで基本と言えば基本なんでしょうけどね。
そうじゃないと売れないのかもしれません。

出てくる男子が全員ゲイ!高学歴ゲイ大杉!!

ノンケが気がつけばゲイを受け入れてる!
と言うことはひょっとしたらバイの人は案外多いのかもしれないですね。
(いや、漫画だから。ってツッコミ。判ってますって。)

さて、ようやく読み終わりました高永ひなこ先生の「恋する暴君」について。

こりゃ、はまるわ。なぜなら地元、名古屋が舞台。


登場人物はどこに住んでるのかとか、
兄さんの妹さんは椙○女子に通ってるのかしらとか。
3巻で磯貝さんのカラオケに付き合う為に名駅に通っていたのかな?とか。
意外と錦3(「きんさん」と読む。錦三丁目の通称。)かな?とか。
4巻の駅は多分一社駅だと思うので、兄さんは千○高校かな?とか。
(一社駅を含む東山線付近は偏差値の高い学校多いです。)
丸山駅は本○駅だな、とか。今池!まんまじゃん!(大阪にも今池あるな…。)
さらに進んで「栄か大須でデート?しないかなぁ。」
名駅裏の立ち飲みデートもいいと思うの!」等とずっと妄想してました。
BLの地域設定はなんとなく東京が多い印象があったので「恋する暴君」の郷土愛に
訴える感情移入ポインツの仕掛けにまんまとはまってしまったのでした!
恋する暴君」というより「世界の中心の名古屋で愛を叫ぶ」に
つボイノリオの歌のノリで変更させていただきたい。


ヘタレ攻め×女顔じゃない受け。

萌える。こんなの初めて!生ラムネ食べた以来の衝撃!!

ヘタレが本気出したときの攻めっぷりと言ったらありゃしない。
現在、8巻まででております。初版が2004年で元の作品(チャレンジャーズ)が
1995年。足掛け18年で2年位の話をセンセイは描いておられます。(多分)
ぜひこのまま続いて9巻10巻読みたいですね。

では、腐女子のみなさん!ごきげんよう